不動産市況や金融相場

  • 03-3470-1931
  • 平日9:00~17:30 定休日:土日祝日
TOP
>
>
不動産市況や金融相場

不動産市況や金融相場

不動産市場や金融市場等の相場や動きに関する話題です。

昨年の中古マンション価格 首都圏で13%上昇

昨年の中古マンション価格 首都圏で13%上昇

不動産専門の民間データバンク、東京カンテイの調べによると、首都圏の中古マンションの価格を70㎡に換算した売出価格が、前年比で13.2%上がったそうです。東京23区に限定すると4年連続の上昇、2年連続の2桁上昇で5,000万円超え。94年以来の高水準となりました。 新築に比べて割安な中古に買いが集まったとの見方が強いですが、上昇ピッチが速いため、割高感も出始めており、今後の価格推移に注意が必要です。

2017/01/31

2017年 不動産価格はどうなる?

2017年 不動産価格はどうなる?

あけましておめでとうございます・・・・とご挨拶しているうちに、もうすでに13日になってしまいました。 さて、不動産投資コラムのサイトをスタートさせましたが、物件掲載の量も情報やニュースも、「不動産投資に関することなら国内最大」のサイト「楽待」を見た方が何でも載ってますね。そんな訳で、「C2 LOUNGE」では量では勝負できませんので、どうぞ皆さま、まずは「楽待」をみて頂いて、ボリュームありすぎて、ちょっと疲れたら、箸休めにC2 LOUNGEでも覗いてみるか、という程度でかまいませんので、今年もよろしくお願い致します。 というわけで「楽待」さんにあったこんなアンケートが気になりました。

2017/01/13

賃貸アパート建設ラッシュ! 投資対象としての真価は?

賃貸アパート建設ラッシュ! 投資対象としての真価は?

ここ1〜2年くらいにかけて、自宅近隣(東京23区)で建築中の賃貸アパートをよく見かけます。実際に全国的にみても、賃貸アパートの着工件数が急増しているようです。国土交通省の住宅着工統計によれば、2015年の「貸家」の着工件数は前年比で約7%増。2016年の5月の伸び率は前年比約15%増となっています。以前のコラムで東京都の単独世帯数は2035年まで緩やかに増加傾向の見通しとお伝えしましたが、賃貸アパートの空室率でみると、東京23区では現在約30%、神奈川県・千葉県はそれぞれ約35%と約34%となっています。現状においては賃貸住宅が過剰供給気味な気配と言えるでしょう。

2016/09/05

首都圏マンション市場の活況にそろそろ陰りの気配!?

首都圏マンション市場の活況にそろそろ陰りの気配!?

不動産市況は上がったり下がったりを絶えず繰り返すと言われますが、2015年は紛れもなく上がった年と言えるでしょう。

2016/03/11

過熱する湾岸タワーマンション人気。将来的には…

過熱する湾岸タワーマンション人気。将来的には…

国土交通省が3月18日に公表した平成27年の公示地価によると、都内全域全用途での対前年平均変動率は2年連続でのプラスとなりました。東京都心部の不動産市場は価格の高騰が顕著になってきていますが、その牽引役のひとつが湾岸エリアのタワーマンションと言えるでしょう。 投資目的の不動産購入として湾岸タワーマンションに人気が集まっているのは、東京オリンピックを控えて賃料と値上がり益の両方が期待されているからだと思われます。

2015/03/19

海外不動産への投資に潜むリスク

海外不動産への投資に潜むリスク

最近、円安による為替差益を得ることや資産の分散化、所得税などの節税を目的に海外の不動産投資を検討する個人の投資家が増えています。特に人気なのは高級アパートメントで、ニューヨークなどの大都市や東南アジアなどの新興国の物件が特に多い傾向にあるようです。 ただ、メリットばかりに目が行きリスクを少なく見積もっている場合も多く、投資には慎重な判断が必要になります。まず考えられるのが、日本人をターゲットにしたトラブル。相場より高い値段で売りつけたり、引き渡された物件の品質などが契約内容と大きく異なる が、問い合わせにも応じない。また、無事引き渡されてもリーシングに苦労したり、物件の管理も充分行き届かない…

2015/02/16

相続税対策にタワーマンションは本当に有効?

相続税対策にタワーマンションは本当に有効?

不動産関連の広告でひときわ目につく「相続対策」「節税」「タワーマンション」といったキーワード。2015年1月から適用される新しい相続税制のもとでは実質増税になるケースが増えるため、節税効果が高いといわれる東京都内のタワーマンションに特に人気が集まっています。 しかしここで安易に飛びつくのは考えもの、思わぬ落とし穴に注意が必要です。タワーマンションを利用した相続税対策で特に気を付けることは ①税務否認リスク ②空室リスク(空室の入居者募集)の二つのリスクについてです。

2015/02/04