国土交通省が発表している「主要都市の高度利用地地価動向報告 地価LOOKレポート」をご存知でしょうか。地価LOOKレポートとは、主要都市の地価動向を先行的に表しやすい高度利用地等の地区について、四半期毎に地価動向を把握することにより先行的な地価動向を明らかにするもので、最新のレポートが2016年2月26日に発表されています。
今回のレポート(平成27年第4四半期)の対象地域計100地区における地価動向については、実に全体の約9割が上昇となっており、下落地区はゼロでした。不動産投資に関心のある投資家の方なら、全国的に地価が上昇傾向にあることは日々実感されてると思いますので、特に目新しい情報はないと感じるかもしれません。

ただ、この地価LOOKレポートの見所は地価動向の上昇や横ばいといった数字だけではありません。各調査対象地区について、鑑定評価員(不動産鑑定士)による不動産市場の動向に関する情報を収集した結果のコメントがあり、エリアの現状を把握するのにとても役立ちます。さらに、「オフィス賃料」「店鋪賃料」「マンション分譲価格」「マンション賃料」といった詳細項目の動向もありますので、物件の種別ごとに賃料相場の動向がわかります。
これから物件を買いたいという方のみならず、既に物件を所有されている方も一度目を通してみてはいかがでしょうか。


出典:「主要都市の高度利用地地価動向報告~平成27年第4四半期~」(国土交通省)


関連記事