不動産投資を新たに始める多くの方が1件目に選ぶ賃貸物件。
区分であれば1Rや1Kなどの比較的小規模の物件から購入できる手軽さと、賃貸需要のある地域を選ぶことで比較的リーシングもしやすい点が魅力で、賃貸物件を好んで購入されているベテラン投資家の方もおられます。

ですが、いくら好立地とはいえ築年が古くなってくればリーシングが難しくなり賃料を下げざるをえなくなってくるもの。
そんな時、ちょっとした工夫でリーシングの効率を上げられるとしたら・・・

玄関は、その物件の第一印象を植え付ける大切な場所です。ですが、一般的な賃貸物件の多くが必要最低限の広さや設備しか用意していません。
より広く居室部分を確保するためには仕方がないことですが、内見時に毎日使う玄関が狭くて使い勝手が悪いと判断されれば、それだけ入居していただける確率も下がってしまいます。

例えば、下駄箱が無い・もしくは少ない場合は薄型の下駄箱(奥行20㎝程度)を設置したり、鍵や印鑑を置けるちょっとした棚やコートを掛けるフックするなど、「狭いけど工夫されているな」と思っていただけると、それだけ印象が変わって、入居していただける可能性も高まります。

基本ですが、実際に住む方の目線に立ってどうすれば暮らしやすくなるかは常に意識していたいですね。AS061.jpg

関連記事